映画・インセプション

インセプションを見た。面白かった。

ストーリー展開がバツグンに秀逸な映画ランキングTOP50作ったwwwwwwwwww|【つっ!.COM】 2chまとめにΣ(`・ω・ ´ )

このスレで栄えある第一位に選ばれているだけあって面白い映画だった。
しかしストーリーが展開されていくにつれて段々理解できるようになっていき、いつの間にか物語に引きこまれていた。
これは映画にしろ小説にしろ様々なエンターテイメント作品の良作の条件だと思う。

それと、アリアドネ役のエレン・ペイジが可愛すぎた。
エレン・ペイジが可愛くてストーリーについていくのが大変だった。

ellen_page.psd

で、見終わってエレン・ペイジのことを調べていたらびっくり、なんと1987年2月21日生まれの27歳、俺と同い年やんけ。
もっと若いかと思っていた。
インセプションは2010年公開だから2008~2009年頃撮影していたと仮定すると、インセプション撮影当時は
23,24歳くらいということになる。
てっきり未成年かと思ってたわ。それくらい童顔。

さらにウィキを読み進めると、”2014年2月14日…同性愛者であることをカミングアウト”。
ここで2度びっくり。
あと世界で最もセクシーな女優86位、93位って、セクシーではないと思うぞ。
可愛らしい女優ではあるけど。

広告

ゆく年くる年

ブログを作ったのはいいが案の定放置してしまった。

年の瀬ということでちょっと早いが今年の振り返りと来年のことでも考えてみよう。

今年もプライベートでは特に大きなことはなかった。彼女などできるはずもなし。
会社の先輩後輩と旅行なんぞにも行ったが結果的にまた行きたいと思えるような結果ではなかった。
強いて言うなら会社の先輩に誘われて内輪の勉強会に参加したくらいか。
本当に内輪だけで、同じ部署の近いグループの人たちだけで開催している勉強会。
とは言えそこでライトニングトークと呼ばれるものを発表できたのはまあ進歩といえなくもない。
お粗末ではあるがゲームを作り始めることもできたし。
このゲームも本当は完成させたかったんだけど、悪い癖の飽き性が出てしまって今なお放置中。このブログと同じ。
モチベーションの維持が難しい。本当に。ただ作って一人でニヤニヤしてもつまらないだけ。
モチベーションにはつながらない。
作るきっかけになったのはこの勉強会で発表するためだった。
その勉強会も仕事が忙しくなってまともに参加できたのは最初の数回だけだった。
第二回からは自分で発表もしたんだけど、割と反応は良好だったと思う。
こういった経験をする機会をもらってほんとうに感謝。聞いてくれた人にも感謝。
来年こそは何かを作り出したい。そして人から評価してもらいたい。

勉強会とは違うけど、会社のとある先輩と少し話すようになって、個人的な勉強のモチベーション維持に役立った。
その人はプライベートで哲学や言語の勉強をよくしているとのことだった。
入門書として「ソフィーの世界」という本を教えてもらって哲学のことについて少しだけ勉強した。
結果的に哲学はあんまり興味のわかない学問だったわけだけど、そのことを知れて良かった。
あと英語の勉強も始めた。話すつもりはなく、読み書きができればいいので、まずは文法からと適当な参考書を買って勉強していた。
これもゲーム作りと同じく頓挫中。
10月までは資格の勉強をしていて、仕事も忙しくてで最近は全然勉強できていない。
いやこれは言い訳だな。休日はあるわけだし、そのときにすればいいだけ。
これもモチベーション維持が難しい。目標を設けないとこの先勉強再開することすらできない。
何か目標を見つけ、まずは勉強を再開しなければ。手段が目的にならないように。

プライベートな勉強のことでは、自分の興味のある分野がなんとなくわかってきた気がする。
ひとつにはサバイバル。実際にしたいわけではない。本音を言うとサバイバルしてみたいが、多分すぐ音を上げるからしない。
もうひとつは、この世界を具体的に見たい。科学のなかでも化学寄りの学問に興味がある。
サバイバルに関する作品にはいろいろと手を出した。
サバイバルというのは創作物のネタになりやすいんだが、主眼を置いているのが閉鎖空間における人間関係が多く、
自分の興味のある、人が大自然で生き抜く術を事細かく教える作品は少ない。
サバイバルヤルオは本当に面白かった。作者はどういった方法であれだけの知識を仕入れたんだろうか。
それはともかく、せっかく学んだサバイバルの知識を何かに活かしたいと考えている。ずっと。
ゲームにしたら面白いと思うんだが、面白いと思えるのは自分だけじゃないかとも思う。
サバイバルを題材にしたゲームは既にたくさんあるものの、ゲームという特性上、どうしても中途半端なものになってしまう。
どんなゲームそうだが、現実世界のことを事細かく再現していたら容量がいくらあっても足りないし
ゲームの主軸がぶれることになってしまうから仕方ない。

今年の1/3、友達も彼女もおらず暇なので、前から気になっていたNHK高校講座を見ることにした。
NHK高校講座はアーカイブがネット上にありだれでも無料で見ることができる。
おそらくそのときの気分でなんとなく化学基礎を選んで見た。
そこで出演者の横畠加奈子ちゃんに一目惚れした。可愛すぎる。
会社の人や地元の友達に見せてもあんまり反応は良くなかった。
ひどい人になると「ブス専?」とまで言われた。ブス専はひどいだろう!
テレビに出てるくらいだからブスではない。しかし、万人受けする顔ではないともまた言える。
この娘は今年一番のヒットだった。この娘のことを知れて本当に良かった。
ちなみにぼくはお酒をほとんど飲めないので当然素面でこれを書いている。
今後、このブログを人に教えるときは注意しなければ。
NHK高校講座の化学基礎はわかりやすくて本当に面白かった。

それから、今年の春と秋に情報セキュリティスペシャリストを受けたけど、落ちてしまった。
春と秋ともに午後Ⅰ試験で落ちていた。
春はともかく秋は結構勉強したんだが、それで落ちてたからショックだった。
ソフトウェア開発技術者は半年で受かったんだがなあ。しかも学生の時に。
ひょっとしたらセキュリティと相性が悪いのかもしれない。
毎回新しいセキュリティホールとその対策が出現していて、新しい技術に追いつけないのかもしれない。
過去問を解くだけじゃわからないところだし。
データベースとかネットワークに宗旨替えしたほうがいいのかも。
こんなにも試験に落ちたのは初めてかもしれない。正直自信なくす。
正直言って、自分で頭はそこそこいいほうだと思っていたので、本当にショック受けた。
本気で宗旨替えして同レベルの試験か何かに合格しないと自信喪失しかねない。
他の勉強のモチベーションも削がれてしまう。「どうせ頭悪いし、意味ない」みたいに思うと本当につまらない。
今年最大の反省事。来年の抱負でもある。

あと仕事では、ひとつ重大な決定を下した。
ずっとなんとなくは考えてきたことだが、今年の7月頃、意志が固まった。
誰かに言うことでもないし、そもそも相談できる人なぞいないので、誰にも言っていない。
誰にも言ってないけど、意志を固めてからはある意味吹っ切れていたから、その態度で察している人も周りにいるかもしれない。
いようがいまいが関係ないけど。
もうすぐ意思を言葉にするときがくる。

来年のことは正直不安だからあんまり考えたくない。
環境ががらりと変わるだろうから、それをいい機会と考えて、できるだけいい方向に持って行きたい。
特に、今までやりたくてできなかったこととか、考えるだけだったことはできるだけ積極的にやっていきたい。
具体的に言うと、車の免許取得、創作物の作成と発表。どんな形でもいいので怖がらずに発表することが重要とかんがえる。
先述したように資格取得を達成して自信も取り戻したい。
勉強のことだけでなく、いろいろなことに自身を持ちたい。
努力じゃどうにもならないこともたくさんあるけど、努力で変えられることはどんどん変えていく。
Go ahead.