免許センター

今日は朝から免許証交付のために県庁所在地にある免許センターに行ってきた。
教習所で知り合った女の子も教習所を無事卒業したとの事だったので一緒に行った。
朝7時の電車に乗って8時半頃免許センターの最寄り駅に到着。
まず適性検査という名のただの視力検査をしてそれがOKなら申請書を提出して受付完了。
9時半になり学科試験開始。問題は教習所で出たのとほとんど同じだった。おそらく免許センターが発行している問題を教習所でも使っているんだろう。
ちなみに特に声は掛けなかったけど(そんな仲じゃないので)、教習所の本免試験のとき一緒だった人が何人かいた。
11時20分、結果発表。俺も女の子も見事合格!これで二度と問題解かなくてよくなった~。
女の子は抽出試験(受験者の中からランダムで技能試験がある。ただし合否には関係ない)に選ばれたのでしばしお別れ。
12時くらいになって戻ってきたので免許センター内にあるレストランで一緒にご飯食べた。
合格者は13時半にロビー集合して免許証が交付されるのでちょっと休憩。抽出試験をやった人はちょっと早い13時に優先して交付されるらしい。ちょっと羨ましい。
次官になったら写真とってお金払ってその場で免許証渡された。
後はもうすることがないのでそのまま帰った。早起きして遠出したので疲れてたし。
とりあえず初乗りは来週の沖縄旅行になるかな~。

広告

SRPG Studio

一ヶ月くらい前にSRPG Studioという同人ゲームがDLsiteで発売された。
SRPG Studioのことは前から気になっていたものの忙しくていじる時間がなかったが、免許取得できてようやく時間ができたので体験版を少しいじってみた。
SRPG StudioにはサンプルゲームがありまずそれをプレイすることでSRPG Studioの機能の概要を知ることができる。
サンプルゲームは2ステージ用意されており、普通のゲームとしても楽しめるのでおすすめ(すぐ終わるが)。
ゲームがあまり得意じゃない俺は難易度ふつうで辛くもエンディングを見ることができた。
続いてサンプルゲームのエディット画面を見ながらゲームの基本的な流れを勉強。
ある程度理解できたらサンプルゲームにマップを追加して自分ではじめから作ってみる。サンプルゲームに追加するのは、そうしないとサンプルゲームを参照しながら作れないため。
実は以前、RPGツクールVXでSRPGを作ろうとしたことがあって、そのときのストーリーを流用することにした。

・ストーリーの概要
長い戦争が終わった。
戦争に参加した兵士はほとんどが志願兵だったが、中には戦争専門の「傭兵」と呼ばれる者たちもいた。
傭兵たちは貧しい家の出身者が多く、食い扶持を減らすために親自ら子どもを軍隊へ入隊させられた。
そうした傭兵たちは幼い頃から戦うための訓練を強いられたため志願兵に比べて戦いに秀でた者が多かったが、
戦争が終わった今、戦うことしかできない彼らは一般人から疎まれるだけの存在になっていた。
そんな元傭兵の一人であるブライアンも昼間から酒を煽り、似たようなゴロツキ相手に喧嘩をふっかける毎日だった。
そんなある日、数人のゴロツキに絡まれている少女を助けたことからブライアンの運命は再び動き出す。

1

2

3

「どこかで見たことあるような…」って人はみなまで言うな。

で、使ってみた感想は、完全にFEツクールだなと。各所で言われている通り。
支援システムまであるし。
でもかなり出来はいいと思うので思い切って買ってみようかな。
あとツクールみたいに素材のインポートとかもできるみたいなんで、ユーザー人口の増加によって自由度が増していくのでユーザー人口の増加に期待!

卒業検定

今日は朝から教習所の卒業検定だった。
仮免のときと同じくまず長い説明がありその後技能の試験。
技能試験はあらかじめ用意されている3コースの中から当日に知らされるコースを走る。
まず路上へ行って法令に遵守した走行ができているか見られ、その後教習所に戻ってきて教習所のコースで方向転換または縦列駐車を行う。
今日のコースでは教習所では縦列駐車を行った。
完璧とは言えないまでもまあまあうまく運転できた。終わった後のワンポイントアドバイスでも左折でちょっと広がると言われただけで他には特に何も指摘されなかった。
今日は風が強かったので少し不安だったが、教官の人にこれくらいの風なら大丈夫だよと言われていた通り普通に運転できた。
少し待ち時間があり合格発表。とりあえず技能は合格した。
午後から学科の試験。学科の試験は95問中90点以上合格を2回連続でとらなければならない。
一回目、91点でなんとか合格。二回目、93点でなんとか合格。2時間近くマークシートをこしこししてたので手が疲れた。
学科試験も合格ということで、晴れて免許取得となった。仮免含めてすべて一発合格。
その後卒業式があり、なんやかんや手続きをやって帰ってきた。
後は県庁所在地にある免許センターへ行き適性検査および学科試験を行いそれに合格すれば運転免許証交付となる。
長いような短いような一ヶ月間だった。
初めて運転したときは本当に一ヶ月程度で免許取れるのかすごく不安だったけどなんとかなるもんだ。
とりあえず来月頭に沖縄に行く予定があって、そこでレンタカーを運転しなければならない。
ていうか免許証交付って即日交付ってわけにはいかないだろうから余裕を見て早めに免許センターに行かないと。

そういえば今日の帰りのバスで、対向車の運転者が携帯で電話してて中央線を超えてこっちに向かってくるということがあった。
バスの運転手さんが警笛音を鳴らして正面衝突は寸でのところで避けられたが肝を冷やした。
対向車は若い女だった。あんまり言いたくないけど、女の運転はひどいと思うことが多い。とにかく周りを見ていない。
ジョギングしているときにスーパーの出入り口を横切ることがあるんだけど、こっちが通り過ぎようとしているのにいきなり猛発進してきたときがあって非常に恐かった。そのときも運転者は女だった。
もちろん男でも危険な運転する人はいる。明らかに赤になってるのに猛スピードで直進して行った車を見掛けたが運転者は男だった。
信号が赤に変わってすぐ交差する信号が青になるわけじゃないので、おそらくその時間差を見越して突っ込んで行ったんだろうが、見切り発車する奴もいるし、危険な行為には違いない。
もし掴まったら信号無視とスピード違反で免停だと思うが、そんな生温いこと言わず剥奪してしまえ。こういう奴は繰り返すんだよ。そして事がおこってからようやく気付く。

卒業検定間近

昨日、技能教習の見極めまで終わり、後は卒業検定を残すのみとなった。
卒業検定は火木土にやっているので明日5月21日木曜日の卒業検定を申し込んだ。
昨日の見極めで教官の人に「慎重にやっているのでまず大丈夫」と言われたのでおそらく大丈夫なんだろう。
学科のほうは、自習室にある練習問題を3つほどやり、すべて合格点以上取れたのでたぶん大丈夫。
そういえばこの前名古屋に住んでる兄のアパートに行ってきた。
車を買ったらひとまず兄のアパートまで行けるようになるのをひとつの目標にしよう。
まあまずは県内の地方都市にある友達のアパートとかから順番にステップアップしていくつもり。

ジョギングをする前にストレッチ、特に太もも表のストレッチを念入りにするようにしたら走っても膝が痛くなることはなくなった。
しかし右足首はまだちょっと痛くなることがある。
膝の場合は痛む部位につながる筋肉、つまり太もも表の筋肉のストレッチを入念にするようにしたらなくなった。
足首の場合はアキレス腱になるのかな。アキレス腱のストレッチも入念にするようにして様子を見よう。

教習所が休みのときは大体家にいるんだけど、昼間にPCをつけてると部屋の中が蒸し風呂状態になって堪える。
最近は日中だと30℃前後にもなるのでクーラーを買ってしまった。
工事代金含めて約75000円。
無職になってからは以前にも増して節制するようになったので、当初の予定である貯蓄額の20%どころかほとんど減らさずにこれてる。
しかし将来もらえる保証もない国民年金の催促が山のように届いていたり、いろいろ細かい出費はあるし、何よりこれから車を買わなければならないのでそれ以外の出費を抑えるにこしたことはない。
クーラーは価格コムで一番人気のある奴にした。スペックとか見てもよくわからないので、高すぎず安すぎずの手頃なやつ。
明日は卒業検定があるので明後日に取り付け予定。

教習所

今日は朝から教習所へ行き模擬試験を受けた。
他の教習所に通っていた友だちの話とかを聞くと教習所によってかなりカリキュラム等が違うみたいなんだけど、うちの教習所は本免試験を受ける前に学科は模擬試験、技能は見極めという試験に合格しなければならない。
模擬試験は合格するまで何回も受けなければならないためできるだけ早めに受けた方がいい。
今日は午後から技能教習があったので午前中に合格するつもりでいた。
結局、一回で合格したので午後からの技能教習までの時間暇だった。
午後からは技能教習で高速教習だった。
高速教習では学校からインターチェンジまで自主経路といって自分でルートを決めなければならない。
尤もルートはある程度決まっているようなものだが、教官が道を説明してくれるわけではないので出発前に自分で記憶しておかなければならない。
俺は教習が始まる10分前に地図を開いたので何回か道を間違えて教官に怒られまくった。
しかも運が悪いことに、今日は「ハズレ」の教官だったため車内が険悪な雰囲気になってしまった。
なんとかインターチェンジに着きゲートを抜けいざ高速自動車国道へ。
高速道路で一番緊張するのは加速車線からの合流だということを学んだ。教官が親切じゃないから指示出すのが遅いので焦ったが本線に乗ったら後は楽だった。
目的のインターチェンジで一旦降りて復路はもう一人の生徒に交代した。
復路で途中パーキングエリアに寄ったが教官だけトイレに行った時二人で「今日の教官おかしくない?」みたいなことを話してた。
高速教習が終わってまた待ち時間があり最後に夜間教習といって18時以降に最低一回は技能教習を受けなければならないため受けた。
コースは卒業検定で使う路上で、目印となる建物等を教えてもらった。
久々に疲れた一日だった。
高速教習で一緒だった女の子と連絡先を交換してさっきまでLINEでちょっと話してた。
終わり。

免許取得の後

昨日は技能教習が3限有り、急ブレーキ・急カーブ、縦列駐車などをした。
急ブレーキ・急カーブはまず自分は助手席に座り教官が見本を見せてくれたんだけど、油断していたせいでちびりそうになるほどビビった。
時速40キロメートルで教習所内のカーブを曲がるんだけど、あんなに遠心力があるとは思わなかった。
その後自分でもやったんだけど、やる前は怖くて嫌で仕方なかった。
やっぱり怖かったけど、助手席にいたときより遠心力を感じなかった。右カーブだったしハンドル握ってたからかな。
学科は今日車の構造というのを受けてきたので後は応急救護だけ。
技能は明日危険予測をやったら後は高速教習と自主経路がいくつかあるだけ。いよいよ免許取得が視野に入ってきた。
路上教習を何回かやって運転自体は楽しく感じるようになったので免許取得して早くドライブしたい。
名古屋まで行ってみたいけど走れるかすごく不安。地元より複雑な道路だろうし、運転マナー悪いってよく聞くし。
そろそろ免許取得した後何をするか決めていかなければ。

友達と焼肉

地元の友達と焼肉に行ってきた。保育園くらいの頃から一緒で、一時期疎遠になっていたが社会人になって交流が再開し、それから俺が東京から地元に戻ったときに3人で焼肉に行ったりしていた。
俺が仕事を辞めて地元に戻ってきたので前より集まりやすくなった。とはいえ他の2人はきちんと働いているので2人の休みに合わせることになる。
唯一の気の置けない仲の友達なので口下手な俺でも忌憚なく話せて楽しい。
焼肉の後は店の近くに住んでる友達のアパートに行ってゲームをしてた。
昔よく遊んだRPGツクールというゲームで友達が作った内輪ネタしかないくだらないゲームを笑い転げながらやった。楽しかった。
友達は明日も仕事があるので10時くらいでお開きとなった。
近くに教習所で知り合った人が働いてるコンビニがあるらしいので帰りにちょっと寄ったが今日はいなかった。
また今度教習所で会ったときにいつ入るのか聞いておこうかな。

昨日の教習所では100分技能講習というのがあって、要するに100分運転してちょっと遠くまで行って帰ってくるというのとをやった。
運転し続けること自体は疲れなかったんだけど、通った道が今までとは違い市内のややこしい道だったので精神的に疲れた。
土曜日だったので比較的車が多い中での車線変更は難しいというか精神的に疲れる。
路上教習を何回かやって路上にもだいぶ慣れてきた。最初は右左折するときに焦ってうまくできなかったりしたんだけど、今は落ち着いてできる。
というか車に「教習中」の印を掲げているので少しくらい大目に見てくれよなっていう開き直りがほとんどだろうけど。
初心者マークをつけているときも気を使ってくれたらいいんだけど。
初心者マークをつけていると煽られたりパッシングされたりするとはよく聞いている。
そういう人たちは精神がさもしいんだと思ってかまわないようにしよう。
路上教習でも何回かクラクションの音を聞いた。教官は「違うよ」とは言ってたが不安にさせないために言っているだけかもしれない。
要するに教習車にすらそういうことをする小さい奴が大勢いると思ったほうがいいんだろう。
治安大国日本とは言っても陰湿な奴はたくさんいる。