8/29に名古屋にある兄のアパートに行ってきた。一人で行くのは初めて。
ナビが使い物にならないから事前に道を覚えていった。
曲がるところに関してはストリートビューで確認しておくくらいの念の入れようのおかげで2時間の道のりだったけど間違わずに行くことができた。
アパートには昼前くらいに着いて、小一時間ほど休憩した後ご飯食べに行くことに。
なんでも美味しいラーメン屋があるらしい。食べログで調べると評価4.1だった。
昼時に行くと確実に待つとのことなので1時過ぎに行った。
店まで行くと1時過ぎだというのにめちゃくちゃ並んでる。
誘導係の人までいて、順番まで車の中で待っていてもいいらしい。
1時30分くらいになってようやく店に入れた。
俺は混ぜそば系が好きなのでそれにしようかと思ったんだけど平日はやってないと言われた。
仕方ないので一番人気らしい濃厚塩ラーメンというのにした。
濃厚というだけあってスープにとろみがあった。確かにスープは濃厚で美味しい。
しかしそれ以外はイマイチ好みではなかった。
まず細麺で量が少ない。トッピングは白髪ねぎとチャーシュー、それに鶏のささみが二切れほど乗っていた(鶏肉が売りらしい)。
トッピングに関しては全体的にあっさりしていた。
ちなみに兄はカレー混ぜそばという期間限定のメニューを注文。
聞くところによると混ぜそばはそこそこのボリュームがあって満足したらしい。
普通の混ぜそばを注文していたら評価が違ってたかもしれない。
アパートに戻った後はゲームをした(兄が重度のゲーマー)。
PS4のゲームで「Aaru’s Awakening」というのをあったのでやってみたが面白かった。
「LIMBO」みたいな横スクロールの謎解き系で、動かすキャラのアクションが斬新で頭を使うタイプのゲーム。

一応トレーラーっぽい動画を貼っておく。
PS4で無料でダウンロードできるみたいなので興味があれば。
日本での知名度は皆無。謎解きに頭使うしアクション自体難しいほうだと思うので実況動画には不向きなのが原因なのかな。
その日は泊まって翌日の昼過ぎくらいに帰ってきた。

今日は朝から母親を祖父母の家まで送り届けた。
名阪国道というバイパスを使って行った。
名阪国道は高速道路ではないが普通に100km/hくらいで流れてる。
後から知ったが名阪国道は初心者には難しいらしい。
まず大型トラックが多い(平日限定)、カーブ多い、高低差がある、ということで死亡事故が非常に多いとか。
母親を送り届けたら、昼から用事があったためすぐ帰った。
帰りはもちろん一人。名阪国道を一人で走るのは初めてだったがなんとか帰ってこれた。
昼から久しぶりに友人Tとご飯を食べに行った。
行きたいラーメン屋があったんだが行くのが少し遅くてラストオーダーが終わっていて食べれず。
仕方ないので天下一品に行った。一度行きたいと思っていたのでちょうどよかった。
本来行きたかった店はまた今度行くことになった。
久しぶりに内容の濃い3日間だった。

広告

運転あれこれ

今まで遠出するときはその道に詳しい人を助手席に乗せてその人の言う通り運転してたからなんとかなってた。
もちろん教習所で路上教習や高速教習で一通りは走ってるからある程度は運転できる。
しかしど田舎の教習所なので、例えば名古屋なんかにある矢印のみの信号(三色信号は常に赤で青は矢印信号で示される)の交差点なんて教習所では存在すら教えられなかった。
名古屋にはこれまで二回ほど自分の運転で行ったことあるけど、そのときは親の案内があったので、そういった特殊な信号の存在やバイパスの入り方を気にする必要がなく(都度教えてもらえるため)、ただ運転に集中するだけでよかった。
というかバイパスとかいう道路の位置づけをついさっき調べるまでよくわかってなかった。
そんなレベルだからね、俺の一般常識というものは。
今日(日付変わったから正確には昨日)、ほぼ初めてナビを使ってみた。
目的地はこれまでに何度も行ったことのある某駅。家からは約40分。
ナビの試運転ということでとにかくナビに従うつもりで出発した。
まず出発は家のある住宅街なので非常に入り組んでいる。ナビが「まもなく左折です」言うから「ここで?まあ行けなくもないけど」と思い左折して数秒後「ルートから外れました」。
まあこんなのはナビあるあるだと思うけど。
今日数時間使ったところ、曲がるときは700m手前、300m手前、そして「まもなく」とアナウンスしてくれることがわかった。その「まもなく」は大体30~50mくらい先という感じだと思った。
初めのうちは「まもなく」の距離感覚がわからないから、特に右折の時は右折レーンがあるから間違ってそっちに行っちゃうと途中で気付いても修正できなくて、何度もルート修正することになった。
出発して10分も経たないうちに初めて通る道を案内するナビ。明らかに逆方向に曲がるよう案内するナビ。従う俺。案の定、地元民しか通らないような細い道しかないあたりに連れていかれる。それでも従う。
細い道しかないもんだから、対向車とすれ違う度に停車したりされたり。歩道などあるはずもなく、車道と路側帯が一体となってるもんだから、道に広がる自転車や歩行者を避けながら進む。
結局、目的地まで5分前というところになって初めて知ってる道に出た。まあかなり序盤からいつも使ってる道とは真逆のほうに進んだから当たり前だけど。
最近のナビはルート設定が細かくできるというのは知っている。
俺のナビはこの間アップデートしたばっかりだから一応最新という位置づけに入ると思う。
目的地を設定した後、「ルート設定」みたいなアイコンが画面上部に表示されているのを目ざとく発見。
これを押せば例えば有料道路は使わないとか、極力国道または県道を通るとか設定できるんだ、知ってるんだそれくらい。
しかしいくらそのアイコンをタップしても一向に反応しない。
実はこのナビ、ハードウェアがいかれており、表示されているアイコンなどより少し上のほうをタップしないと反応しない。
画面最下部にあるメニューを開きたいなら最下部より少し上を、中央にあるアイコンなら中央やや上を、画面最上部にあるアイコンの場合は・・・どないせえっちゅうんじゃ。
明らかに不良だと思うので明日メーカーサポートに問い合わせる。
ハードウェアの問題だと思うので修理か取り換えになると思う。その方法はどうやるかわからないから明日電話する。
とりあえず今週の土日に一人で名古屋行くのでそれまでに直らないと非常に困る。最悪、スマホかPCのナビだな。
目的地付近まで来たので案内終了しようかと思ったんだけど、これワンタッチで案内終了できないタイプのやつだ(沖縄で乗ったプリウスのナビはワンタッチでできた)。
帰り道、せっかくなので一度も通ったことがない道で帰ろうと思い、適当な国道に入った。
入るときに左折しかできない(対向は中央分離帯の向こう)ことに少し訝しむ。しかも片道二車線。
少しそのまま国道を走っていて、まず信号が少ないことに気付く。そしてそれゆえ全体的にスピードが速い。
ナビに表示されてる地図を見ながら今どのあたりにいるかというのは把握していた。しかしそろそろ曲がりたいな~というところに交差点がない。
「ひょっとしてさっき通り過ぎた減速車線みたいなところが出口なのか・・・?」
実はこの時点でバイパスという概念を知らなかった。高速道路以外は全部信号機付きの交差点で道路と道路が結ばれているものだと思っていた。
ちなみにバイパスという言葉は何度か聞いたことがあったので知っていたが、ただ「要所と要所をつなぐそこそこ広い道」というくらいにしか考えてなかった。
帰ってからようやく意味を知ったものの、この時点でかなりパニックだった。
だっていま走ってるその道路が、名阪国道に乗る前の国道一号(これもバイパス。名阪国道もバイパスになるんだろうか)に似てるもんだから、このまま走ってるといつの間にか本物の自動車専用道路に乗せられてしまうんじゃないかと思わざるを得ないんだから。
事実、あのまま直進し続けたら伊勢湾岸自動車道という有料道路に入ってしまうところだった。
有料道路だから料金所があるけど、そんなところでUターンしていいのかもわからないし(たぶんだめだと思う)そこまで行ったら入らざるを得ないと思う。
地図見たらオレンジ色の道路が見えてこれはいよいよやばいぞということでちょうどよく交差点があったのでそこで右折。適当なところで停車して現在位置の確認と帰りのルートを検索した。
正直もうさっきの得体のしれない道を走るのは嫌だったんだけどルート検索したらそこを通る道が出たので仕方なく従った。
このバイパスに合流するときも怖かった。
こういうバイパスに沿った道って一通になってるので間違うと本当にシャレにならない。バイパスだろうがなんだろうが左側通行であることを考えたらそれに沿う道のどこがどっち向きの一通なのかは至極当たり前のことなんだろうけど、慣れてないと不安になるんだよーー。
しかも一回一通の道(逆向きは進入禁止)を間違えて進入してしまって、曲がりくねった細い道をバックで100mくらい戻った経験があるのでより不安に駆られた。前からくる車に恐縮しながら100mのバックランは精神的に堪えた。
そのバイパスを降りたらすぐよく見知った道に出て一安心。ひとまず、人様に迷惑をかけるような大失態をしでかさなかったこと、ただそれだけがよかったなと。
三重県内の道でこれだから、名古屋の道だとどうなるんだっていう。不安で仕方ない。
ほかの人たちはどうやっていろいろな公道に慣れていくんだろうか。
やっぱりベテランドライバーを隣に乗せて徐々に慣れていくしかないんだろうか。
それとも教習所の時点で都会だったら教官の人からいろいろ聞けたりするんだろうか。
でもいくら運転経験のある人だって初めて通る道は不安ではあると思う。それが都会の道だとなおさら。
えらい長くなってしまった。いま一番興味のあることが車の運転だから吐き出したいことが山ほどある。

就職支援セミナーと早朝ドライブ

昨日、就職支援セミナー(応募書類対策コース)に行ってきた。
応募書類とは、履歴書、職務経歴書、添え状や礼状のこと。
正直、文章を書くのは苦手ではないので(時間をかければ)別に行かなくても良かったんだけど、参加するだけで活動実績になるならということで参加した。
前回の基本コースは定員が30名で、当日の参加者も定員近くくらいまでいた。しかし今回のコースでは定員が15名にもかかわらず事前の応募が俺含め4名、それに当日参加1名が加わり合計5名の開催となった。
就職支援セミナーは基本コース、応募書類対策コース、そして面接対策コースがある。
応募書類対策コースでこの参加率だから、面接対策コースではもっと低くなると思われる。面接対策コースはロールプレイングもあるらしい。俺も面接対策コースは応募してない。
少人数なので席は最前列一列に並ばされた。
最初の2時間は講師がテキストにそって喋る講義で、最後の1時間で自己分析シートの作成や履歴書・職務経歴書の作成などを行った。
中には履歴書・職務経歴書を持参している人がいて、その人はそれらを添削してもらっていた。
俺は自己分析シートをぼちぼち書いた。まだ履歴書や職務経歴書を作る気はないが、作る際には使えるかも(もちろん講師はそのつもりで作成させたのだろうが)。

帰って夕飯を食べてボーっとしてたら眠くなってきたので寝て起きたら夜の11時だった。もう一回寝ようと思って寝ようとしたが無理だった。
仕方ないのでネスペの過去問を解くことにした。
午後Ⅰの問題だったので1問はそんなに長くないが、基本的なことを知らなかったりするので答え合わせをした後に用語を検索とかしていたら結構時間がかかってしまい、一区切りついたのは深夜3時。
気分転換がてら早朝ドライブをすることに。
夜は知らない道を走るとまだちょっと怖いのでよく通る道を選んだ。
普通車はほとんど通っておらず、たまにすれ違うのは大型トラック。
4時過ぎ頃から徐々に空が白んできたので一度も通ったことがない道へ。
山の麓へ向かう道で、だんだんカーブが多くなってきたあたりでUターンして下ることに。
Uターンするといつの間にか標高が高くなっており綺麗な山肌や遠くに市街地が見えて見晴らしがいいことに気付いた。
気付いたら後続に大型トラックが。以前高速道路で大型トラックに煽られたことがあって怖かったのでついスピードをあげてしまった。
下り坂だったのであんまりアクセルを踏まなくてもスピードが出てしまう。
結局家に帰ったのは6時過ぎだったので3時間以上運転していたことになる。
運転してると時間すぎるのが早い。

高速道路

今日は母方の祖父母の家へ行ってきた。
祖父母の家には高速道路を使って行く。つい一、二週間前にも行ったことがあったんだけど、そのときは初めて走る高速道路だったのでちょっと怖かった。
でもなんだかんだで何回か高速道路は走ってるのでだんだん慣れてきた。
今まで高速道路を走っていたときに一番怖かったのは、前の車が遅すぎたり急激にスピードを落としたときに追突しそうになることだった。
高速道路ではあんまりブレーキ使ったらだめらしいし、でも前の車のシルエットはどんどん大きくなってくるしでなんども怖い思いをした。
今日はギアを一段落として運転してみた。そうしたらちょうどいい感じにスピードが落ちてくれて追突しそうな怖い思いをすることはなくなった。
ヴィッツは2、LではなくS、Bとなっている。検索するとSはスポーツの略で、高速運転用のギアらしくエンジンブレーキが効きやすくなるだけでなくエンジン回転も高速になるらしい。
確かにアクセルを踏んだときのスピードの上がり具合がDより速い感覚があった。その理由はこういうことらしい。
一、二週間前に祖父母の家へ行くために高速道路を走っていたら大型トラックに煽られた。
実は煽られるのはこれが初めて。ちなみに走行車線で前に車が詰まっているにもかかわらず煽られた。
煽る奴は事故ることは考えてないのかね。もし接触した場合に普通車と大型トラックなら大型トラックの方がダメージが少ないという心理が気を大きくしているのかもしれないが、事故は事故なんだが。
追い越し車線でトロトロ走ってるならともかく、走行車線で煽る奴は一人で事故って消えて欲しい。
高速道路を頻繁に走るようになったりそもそも運転にだいぶ慣れてきたせいで、一般道でもスピードを出すようになってきた。
今はなんとか事故せずにこれているがいつかやらかしそうで怖い。これから気をつけよう。

墓参りとネットワークスペシャリスト試験の勉強

今日は朝から墓参りに行ってきた。
お墓は名古屋の某所にある。お盆なので高速道路は混むだろうということで下道で行った。
名古屋環状2号線という名古屋市内をぐるっと走っている高速道路の下に国道302号があり、大体そこを通って墓地まで行った。
国道302号は基本的に2車線だがときどき1車線になる。一度それに気付かなくてかなり強引な車線変更をしてしまった。
もしかしたら標示か標識があったのかもしれないがぼーっと運転してたので気付かなかった。
お墓の掃除や献花を一通りしてから近くにある伯母の家へ。小さい頃に何回か連れてきてもらったことがあった。その時は名古屋内のどのあたりにあるのかとか一切気にしなかったけど、自分で運転してみると「ああこんなところにあったのか」という感じ。
伯母の家でお寿司をご馳走になり夕方ごろお暇した。

先日からネットワークスペシャリスト試験の勉強を開始した。
参考書は2冊買って両方とも一通り読んだ。「ネスペ26道」と「ネットワークスペシャリストポケット攻略本」というやつ。
問題は解説を読めば理解できる。しかし自分では答えられない。今はそんなレベル。そして基礎部分も分野によってはあやしいところがある。
「ネスペ26道」に「過去問は過去4回を3回ずつする」と書いてあったのでそろそろ過去問を解こう。
ちなみにネットワークスペシャリスト試験は確か初受験。しかしセキュリティスペシャリスト試験には2回落ちている。今思えばセキュスペの勉強方法もかなり甘かったので落ちて当たり前だった。
基本情報やソフ開(当時)などと同じ勉強方法ではやっぱりダメだスペシャリスト系は。

VMware Player 7.1.2上でCentOS 7を構築

VMware Player 7.1.2のインストール

公式サイトのダウンロードページから最新版のVMware Playerをダウンロード。実行してウィザードに従ってインストール。

CentOS 7のダウンロード

公式サイトのダウンロードページからCentOS 7をダウンロード。念のためハッシュ値チェックを行ったところなぜか「FAILED」となった。しかし気にせず次に進んだらなんの問題もなかった。よくわからない。

CentOS 7のインストール

VMware PlayerでCentOSのイメージファイルを使用して新規仮想マシンを作成。このとき初めにVMware Playerで初期ユーザー作成画面が表示され、作成するとあとはほぼ全自動でインストールが終了した。Webの情報ではネットワーク設定などを行う必要があるみたいなのに。よくわからない。

インストールが終了するとGUIのログイン画面が表示された。これも情報と違う。

あとインストール言語は日本語にしたはずなのにメニューなどが英語になっていた。これはインストール後にいろいろいじってたらいつの間にか直っていた。おそらく「地域と言語の設定 – ログイン画面」あたりだと思う。

ネットワーク設定

Webの情報では普通にOSインストールすればゲストOS上からもネットに繋がると書いてあったがつながらなかった。

VMware PlayerのゲストOS設定を開き、ネットワークアダプタの設定をNATからブリッジに変更したら繋がるようになった。

関係ないと思うけどホストOSのネット接続環境はWiMAX。

キーボード設定

ネットワーク設定などをしているときに何回かターミナルを起動してコマンドを打っていたときに気付いたが、キーボードレイアウトがおかしい。日本語配列じゃなく英語配列になってるっぽい。英語配列だと記号の配置が日本語配列とぜんぜん違う。

検索したら「localectl」というコマンドが出てきたので打ってみたが症状変わらず。GUIの「キーボードレイアウトの表示」を見てもおかしいのがわかる(当面これを見ながらコマンドを打っていた)。

結局、「地域と言語の設定 – 入力ソース」から「英語(US)」を削除して「日本語」「日本語(Kana Kanji)」を追加したら正常になった。わかってしまえば当たり前なんだけど、インストール言語「日本語」にしてるんだからデフォルトでそうしとけよ・・・。

共有フォルダの設定

ゲストOSの設定で共有フォルダの設定をした。/mnt/hgfs/に共有フォルダに指定したホストOSのフォルダがマウントされるはずなのにマウントされてない。それもそのはず、VMware Toolsをインストールしていないから。

ということでVMware Toolsをインストールしようとしたら途中でエラーが出る。最初はネットに繋がってないときにやったからそれが原因かと思ったが、ネットに繋がった後もまったく同じエラーが出続ける。エラーメッセージで検索しても有用な情報は見つからない。

VMware Toolsではなくopen-vm-toolsというものがあったのでyumでインストールしたが共有フォルダは使えないまま。

centos_vmtools_error

エラー画面はこんな感じ。何かわかる人がいたら教えてください。

DNSサーバー構築(BIND)

yumでBINDをインストール。ドメインを持ってないので実際に設定はしてないけどこのページで設定の仕方は勉強した。


全然関係ないけど、Wordpress重いからはてなあたりに移転しようかな。おすすめのブログあったら教えてください。