【ハリアー】車買いました

709e2bff

まず遡るのは先週の木曜日。
仕事終わりに日産の販売員と喫茶店で会った。
日産の販売員は若い女の子で、あわよくば連絡先聞きたいという魂胆だった。
当日は大雨でわざわざ喫茶店に呼び出して悪い事したと思う。
その時の話の流れで次の土曜日にもう一度店に行くということになった。

話は少し変わるが、今月から勤務先が名古屋になったので通勤方法がちょっと変わった。
まず自宅から車で隣町まで出る。そこに会社で駐車場を借りて貰っているのでそこに停める。そこから高速バスで名古屋に行く。
車の運転好きだし高速バスなので絶対座れるし電車嫌いだし。

話を戻し、土曜日に日産に行ってもう一度試乗をさせてもらえることに。
試乗コースはなんでもいいというので隣町に借りている駐車場まで行って駐車の練習をした。
駐車場は住宅街の中にあるので結構狭いところにある。
今はヴィッツだから難なく駐車できてるが、SUVになると車体が大きくなるので初めは結構苦労しそう。
その後、今度は自宅の駐車場でも練習してもいいというので折角だし自宅まで行った。
自宅まで30分くらいあってその間販売員とお喋りできて楽しかった。
また店に戻って見積もりの話とかしてたんだけど、流石にいつまでも迷ってるのは申し訳ないと思い、丁重にお断りした。
しかしそんなことでめげる販売員ではなかった(めげろよ・・・)。
本社に値引き交渉するので、希望額を教えて下さい、と。
正直エクストレイルを買う気はなかったので、どんなに頑張ってもできなさそうな金額を伝えた。
販売員も「厳しいです・・・」と言った。
販売員が奥に引っ込んで数分後、戻ってきて開口一番「精一杯頑張りました」。
希望額+数万というところまで値引きした額を提示してきた。
それでも首を縦に振らずにいると、「本当はダメなんですけど・・・」と前置きし訳の分からない値引きをされた。
訳が分からないので改めて丁重にお断りした。
最終的に店長まで出てきたほどの総額としては、なんと250万円。元がオプション等入れて330万円だったので、80万円の値引きをされたことになる。
もちろん車体価格の値引き上限額は車種によって決まっているので、下取り価格やオプションサービスで調整することになる。
それにしても330万円の車が250万円まで値引きしてくれるとは、物凄く頑張ってくれたんだと思う。
女の子の連絡先は聞けなかった(当たり前)。

翌日日曜日、久しぶりにトヨペットに行った。
トヨペットの販売員からよく連絡がきていたが「忙しいので」と言ってずっと断っていた。
前日にエクストレイルを80万円値引きさせたという武器を持っていざトヨペットへ。
近くのネッツで友達が働いているので友達から話をしておいてくれるらしい。どういう話なのかは謎。
トヨペットでもまずハリアーの試乗で隣町の駐車場まで行って駐車の練習をさせてもらった。
エクストレイルにしろハリアーにしろ、最近の車はバックモニターが大抵ついてる。しかし今のヴィッツにそんなものはなく、サイドミラーのみでバック駐車をしている。だからバックモニターがあっても見るタイミングがわからない。
さらに、日産ならアラウンドビューモニター、トヨタならパノラミックビューモニターという上から見るモニターもあるが、正直使い所がわからない。
店に戻り、トヨペットが改めて提示してきた見積書は317万円だった。
オプション等入れて373万円なので56万円の値引き。ヴィッツの下取り価格が40万円なので車両の値引きは16万円。ハリアーの値引き上限額は25万円なのでまだ値引きできるはず。
こんなことでめげるわたしではない。
ちょうどお昼時で、ネッツの友達からご飯食べようと誘われたので、一旦昼休憩とし、その間もう少し値引きができないか考えてもらうことにした。
昼休憩後、出された額は305万円。値引き上限額25万円+下取り価格43万円(予想)。
下取り価格というのは実はかなり低めに提示される。半額以下なんてのはザラ。
ヴィッツの場合、中古車で100万円だったので流石に下取り価格80万円ということはないにしろ、40万円というのも低く提示されていると予想。
もう少し粘った結果、見積書上は302万円、さらに無料でオプションサービスをつけてもらい、加味すると300万円をギリギリ切るところまで値引きしてもらった。
トヨタハリアーのプレミアム(上から2番目のグレード)で300万円切ったので満足。
トヨペットはよく頑張ったと思う(偉そう)。

ということでようやくハリアー買いました。色はパールホワイト(上図)。
納車は9月なのでまだ先だけどね。
値引き交渉は真摯に買う姿勢を見せれば相手も見込み客だと思って本気でしてくれる。と感じた。

いつだったか忘れたけどレクサスNXの試乗をしたので折角だし軽くレポート。
初めレクサスに行くつもりはなかったんだが、会社の元先輩から「レクサス行ってみなよ」と言われ話のネタになると思い一人で行ってきた。
洗車もしてない汚いヴィッツでレクサスの敷地に入るのは気が引けた。
汚いヴィッツに乗った小僧がアポなしで来た挙句「NXの試乗したいんですけど」とか宣ったにもかかわらず、レクサスの販売員は丁寧に店内に招き入れてくれた。
国産メーカーのディーラーはいろいろ行ったが、さすがにレクサスは雰囲気がぜんぜん違う。そして、おそらくオーナーであろう店内にいる他の人たちもなんとなくお金持ちそうに見えてくる。
正直レクサスを買う気はぜんぜんなかったが、まさか「冷やかしに来ました」と言うわけにいかないので、おそらく競合車種であろうハリアーと迷っていると伝えた(半分は嘘じゃない)。
レクサスとなると、BMWやアウディ、ベンツあたりと迷う人が多いんだろうけど。
しばらくすると試乗車の用意ができたらしいのでさっそく試乗に。
正直言うと、乗った感覚は今まで乗ってきたSUVと劇的に変わるということはなかった。もちろん俺がそんなに詳しくないというのが真実だろうけど。
信号停止中に自動でブレーキをかけてくれる機能(ヴェゼルでもあったはず)、ナビの音声認識機能、サポートデスクへの接続(驚いたがあまり必要ではない)、車内設備リモート制御(同左)、オーナー招いてのイベント(コンサート等)などなど、他のメーカーにはないサービスが充実していた。
車自体がいいというのももちろんあるんだろうけど、車の運転以外のサービスが高級車たらしめているのかなとも思った。
あとデザインは都会的で好き。

広告