『4デイズ』 (原題: Unthinkable)

unthinkable-movie-trailer

ある日、アメリカ政府に一本のビデオテープが送られてくる。そこには主要三都市に核爆弾を仕掛けたという、テロリストからの犯行声明が収録されていた。すぐにテロの首謀者であるイスラム系アメリカ人で、元デルタフォース隊員のスティーブン・アーサー・ヤンガーは身柄を拘束されるが、彼は爆弾を仕掛けた場所を決して吐こうとはしなかった。FBIのテロ対策チームを率いるヘレン・ブロディ捜査官は、すぐにヤンガーの尋問を開始するが、そこへCIAの尋問スペシャリストを名乗るHという謎の男が現れる。Hは恐ろしい拷問も辞さない非人道的なやり方で尋問を開始し、そんな彼にヘレンは強く反発するのだった。そんな中、ついに爆弾による犠牲者が出てしまう。
                                 4デイズ – Wikipedia

トロッコ問題をより大きな規模かつ現実に起こりうる問題に照らして映像化した作品。
元々映画好きで面白いと評価の高い作品は粗方見ているつもりだったが、まだこんな良質な作品が残っているとは思わなかった。

サミュエル・L・ジャクソン演じる「H」こそ正に必要悪。彼自身も自覚しており、決して異常な性格ゆえに拷問を行っているわけではない。
私個人の意見は、明らかに「H肯定派」である。
世に出す作品である以上、基本的なスタンスは「否定派」にせざるを得なかったのだろう。

爆弾による犠牲者が出てからラストまでの約20分、Hの拷問は更に過激さを増していくのだが、周囲の「否定派」によるHへの人格攻撃、H自身の苦悩・葛藤が表現されていた。
しかし、私にはもどかしく感じてならなかった。
Hへの人格攻撃はあってもいいと思うが、Hが揺らいでは駄目だろう、と。
あとHが弱音を吐くシーンも必要ではない。
ラスト20分の拷問シーン、道徳的に悪いことは承知だが、トロッコ問題という前提の上ではあれでも甘い。

ストーリーは予想通りというか、できればあってほしくなかったというシーンを最後にエンドロールに移る。

サミュエル・L・ジャクソンはもちろん、テロリスト役のマイケル・シーンという人の演技も良かった。
見事ブロディを手玉に乗せ、爆弾による犠牲者を出した後、ブロディに悪態をつくシーンが特に良かった。

従姉妹の旦那さんが作曲家をやっていて、ゲームやドラマなんかに曲を提供している。
去年久しぶりに会ったとき、20センチュリーフォックス(日本支部?)主催の若手映像作家を育てるというコンテストの応募作品のBGMをその旦那さんが担当したとかで、若手映像作家さんが作った20分程度のショートストーリーを見させてもらった。
はっきり言って日本の役者は演技が下手すぎる。綺麗な自分を見せたいだけなんじゃないの?と感じる。
口角泡を飛ばし叫ぶシーンでは文字通りツバを飛ばさないと伝わらないし、泣くシーンではヨダレ+鼻水で顔中ベタベタになるくらいしないと。そんなことすると綺麗な自分じゃなくなるから出来ないのかね?
ストーリーも恋愛ものばかりでつまらない。無駄な「間」とやらを金科玉条のごとく多用し、綺麗な自分を披露したいだけのごとく大人しい演技ばかり。
『4デイズ』を日本の役者で撮ったらどうなるんだろう。いくら脚本が素晴らしくても役者が駄目だと駄作になるのが目に見える。

いつの間にか邦画批判になってたけど、『4デイズ』は間違いなくトップ10には入る映画だといえる。
面白かった。

PRIUS PHV試乗

愛車ハリアーの6ヶ月点検でディーラーに行ったらプリウスPHVがあったので試乗させてもらった。

プリウスPHVは情報が出始めた頃からずっと気になってて、どんな感じなのか乗ってみたいなと思っていた。
プリウスは免許取りたての頃に沖縄でレンタカーを借りて2日だけ乗ったことがあったが、なんせ免許取りたての頃だったため運転に緊張して乗り味がどうとか考える余裕もなかったので、ほとんど覚えていない。

プリウスPHVは完全な電気自動車というわけではなく、あくまでプラグインハイブリッド。
その点はプリウスと違いはないが、簡単に言えばモーターの性能が向上したのでより早く、より長くモーターで走行できますということ。
モーターで走っている間はガソリンを消費しないので、当然燃料消費率も良くなる。

グレードは真ん中のA。価格は約380万円。愛車ハリアープレミアムのオプション込の価格と同じ。

エクステリアは見ての通り先進性や未来感に溢れたトヨタのキーンルック。かっこいい。
フロントマスクは先代プリウスから一新したが、全体的なフォルムはあまり変わっていない。
ハッチバックとはいえセダンなので荷室はおまけ程度、その分後席は割と広々ゆったり。C-HRは逆に荷室を広げているので後席がおまけという感じだった。
個人的に声を大にして言いたいのは、細長いヘッドライトに散りばめられた4連LEDのかっこよさについて。
これは日が沈んでからヘッドライトを照射したときの様子も見てみたい。
見た感じハリアーやクラウンのようなチューブ型LEDもあるっぽい。

運転席に乗り込んでみて一番に目が行くのが、やはりセンターコンソールの大型タッチディスプレイ。
大きさは11.6インチ=29.464センチメートル。約30センチの大型ディスプレイがドーンと構えている。
内装の感じはよくも悪くも普通。ハリアー>プリウスPHV>C-HRという感じ。
一つ上のA”レザーパッケージ”というのにすればシートが革張りになるのでもう少し高級感が出ると思われる。

ハイブリッドなので当然静か。エンジンを掛けるとき、掛けてから、発信したとき、走行中。特に走行中はモーターの「ヒューン」という音が遠くから(のように)聞こえる程度。
この音を聞くとハイブリッドに乗っているという実感が湧く。
アクセルを踏み込むとスムーズな加速。一般道であれば必要十分なスピードに簡単に乗せられる。
この点はハリアーよりも良く感じた。SUVとセダンなので当たり前だが。
高速の合流などそれでも物足りないときにはドライブモードにすれば更に伸びやかな加速になる。ハリアーで言うパワーモード。

プリウスPHVは価格が少し高めだが、価格に見合った性能を持っている。
実際には簡単に変えるような車格の車ではなくなってしまったので、お金に余裕がある人しか買えないだろう。
個人的にはC-HRを買うくらいなら断然プリウスPHVを買う。

2017モータースポーツファン感謝デー

dsc_0065シビック TYPE R – ホンダ

3/4(Sat)-5(Sun)、2017モータースポーツファン感謝デーが鈴鹿サーキットで開催されていたので行ってきた。

画像は展示車両のシビック。この隣にNSXも展示してあって、今日は運転席にも座れたんだけど長蛇の列ができていたので座らなかった。今思えば座っておけばよかった。
今日は車だけじゃなくモータースポーツ全般のイベントなので、バイクも展示してあった。
一緒に行った人はバイクも好きな人なのでその人の解説を聞きながら「ほーん」と思った。
展示してあるバイクに跨ってモデルのお姉さんと記念撮影ができるブースがあった。
長蛇の列ができていたが先輩が乗りたいといって列に並んでいた。俺は横で待っていた。
すると、先輩の順番まであと数人というところでお姉さんが何処かへ行ってしまった。きっと仕事の終了時間がきたのだろう。
先輩のほうを見たら、悲しそうな顔で俺のほうを見ていた。正直、笑った。すみません。

国際レーシングコースに入ると、ARTAというモータースポーツのデモランがはじまるところだった。
その後は鈴鹿8耐(二輪)。二輪には興味ないので「ほーん」という感じだった。
そして待ちに待ったSUPER GT!時間になると更に人がわんさか増えてくる。やっぱりモータースポーツの中ではSUPER GTが人気なんだろうね。
二輪好きには申し訳ないが、四輪は迫力が違う。エンジンもお腹に響く重低音で心地いい。

dsc_0066
GT500
LEXUS RC-F / Nissan GT-R NISMO GT500 / Honda NSX-GT

dsc_0067
GT300
グッドスマイル 初音ミク AMG / マネパランボルギーニGT3 / GULF NAC PORSCHE 911 / エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT / シンティアム・アップル・ロータス / ARTA BMW M6 GT3

先頭にGT500の3台が並び、2台分間隔を空けGT300の6台が並ぶ。
各車一斉にエンジン始動。まずはGT500の3台がスタート。少しの間隔を空けGT300の6台がスタート。
どの車も同じように見えて実は気筒数が違ったりするので微妙にエンジン音が違う。
GT500の3台は走り始めると本当に地を這うように、地面と一体化したように滑らかに走る。GT300の6台も抜きつ抜かれつ、それぞれ違った走り方を見せるから面白い。

先輩が撮って送ってくれた動画。俺も撮ればよかった。