PRIUS PHV試乗

愛車ハリアーの6ヶ月点検でディーラーに行ったらプリウスPHVがあったので試乗させてもらった。

プリウスPHVは情報が出始めた頃からずっと気になってて、どんな感じなのか乗ってみたいなと思っていた。
プリウスは免許取りたての頃に沖縄でレンタカーを借りて2日だけ乗ったことがあったが、なんせ免許取りたての頃だったため運転に緊張して乗り味がどうとか考える余裕もなかったので、ほとんど覚えていない。

プリウスPHVは完全な電気自動車というわけではなく、あくまでプラグインハイブリッド。
その点はプリウスと違いはないが、簡単に言えばモーターの性能が向上したのでより早く、より長くモーターで走行できますということ。
モーターで走っている間はガソリンを消費しないので、当然燃料消費率も良くなる。

グレードは真ん中のA。価格は約380万円。愛車ハリアープレミアムのオプション込の価格と同じ。

エクステリアは見ての通り先進性や未来感に溢れたトヨタのキーンルック。かっこいい。
フロントマスクは先代プリウスから一新したが、全体的なフォルムはあまり変わっていない。
ハッチバックとはいえセダンなので荷室はおまけ程度、その分後席は割と広々ゆったり。C-HRは逆に荷室を広げているので後席がおまけという感じだった。
個人的に声を大にして言いたいのは、細長いヘッドライトに散りばめられた4連LEDのかっこよさについて。
これは日が沈んでからヘッドライトを照射したときの様子も見てみたい。
見た感じハリアーやクラウンのようなチューブ型LEDもあるっぽい。

運転席に乗り込んでみて一番に目が行くのが、やはりセンターコンソールの大型タッチディスプレイ。
大きさは11.6インチ=29.464センチメートル。約30センチの大型ディスプレイがドーンと構えている。
内装の感じはよくも悪くも普通。ハリアー>プリウスPHV>C-HRという感じ。
一つ上のA”レザーパッケージ”というのにすればシートが革張りになるのでもう少し高級感が出ると思われる。

ハイブリッドなので当然静か。エンジンを掛けるとき、掛けてから、発信したとき、走行中。特に走行中はモーターの「ヒューン」という音が遠くから(のように)聞こえる程度。
この音を聞くとハイブリッドに乗っているという実感が湧く。
アクセルを踏み込むとスムーズな加速。一般道であれば必要十分なスピードに簡単に乗せられる。
この点はハリアーよりも良く感じた。SUVとセダンなので当たり前だが。
高速の合流などそれでも物足りないときにはドライブモードにすれば更に伸びやかな加速になる。ハリアーで言うパワーモード。

プリウスPHVは価格が少し高めだが、価格に見合った性能を持っている。
実際には簡単に変えるような車格の車ではなくなってしまったので、お金に余裕がある人しか買えないだろう。
個人的にはC-HRを買うくらいなら断然プリウスPHVを買う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中